G-ENKF8WYZCQ
車スポット雨の日

雑多すぎて面白い! 【伊香保おもちゃと人形 自動車博物館】(群馬・北群馬郡)は、子どもの好奇心をノンストップで刺激するスポット

2022年春、息子が小学校に入学前する直前のこと。関東近郊での家族旅行を計画し、クルマ好きの息子が喜ぶスポットはないかな…?と探していたときに見つけたのが、【伊香保おもちゃと人形 自動車博物館】です

ホームページを見ると、クラシックカーのほかに、懐かしいおもちゃや人形テディベアなど、いろんなものが展示された複合ミュージアムということが判明。いったい、どんなふうになっているの!? まったく想像もできないまま、家族3人向かってみました~🚗

クラシックカーに、昭和レトロパークに、チョコレートファクトリーに…。見どころいっぱいで、ワクワクが止まらない🎵

【伊香保おもちゃと人形 自動車博物館】は、個人が集めているものを博物館として展示し、一般に公開している「私設ミュージアム」のひとつ。国内の私設ミュージアムでは、集客ナンバーワンを誇るそうです。

入り口に展示されたクルマに釘付けになる息子。お、これは中の展示物にも期待ができそうな予感✨

入館料を支払い、さっそく入場~。いろんな博物館が敷地内に立っているのかと思ったのですが、実際は大きな建物の中に、いろんな展示物がカテゴリーごとに展示され、順路に沿って進んでいきながら鑑賞できる造りになっています。では楽しかったスポットを、かいつまんでご紹介していきます!

初めにご紹介するのは、「テディベアミュージアム」。大きなクマちゃんは圧巻です🧸

等身大サイズのクマちゃんの横に座ってパチリ📷

続いて、昭和の街並みをリアルに再現した「昭和レトロパーク 駄菓子屋横丁」です。

何やらゴロゴロゴロ~とボール🥎の転がる音がします。音の聞こえてくる部屋に入ってみると、レトロなゲームを発見👀 棒を引っ張って玉を飛ばし、穴に入れるゲームです。3球入ったら、懐かしのおもちゃがもらえるのだとか。1ゲーム300円なので、挑戦してみることに。

2球は入ったのですが、残念ながら3球には至らず😢

でも、子どもだからだと思うのですが、特別におもちゃをもらえて大満足の息子でした👍

こちらは、昭和時代のレコードが展示してあるコーナー。平成生まれの息子は「?」顔ですが、昭和生まれの親はノスタルジックな気分に浸るひととき。

少し進むと「射的」のコーナーがあり、息子がやりたいというので挑戦。息子は惜しくも当てられませんでしたが、パパが挑戦して息子の欲しかったクルマを見事ゲットしました~。

ダイヤルを回してかける、懐かしい公衆電話もありました。今の子どもたちには、「何これ?とうやってかけるの??」状態ですよね。

「ミニミュージアム」では、ようやく息子待望のクルマを発見! さまざまなクラシックミニが展示されています。レトロでかわいい💖

そして、本命の「自動車博物館」に到着✨ 憧れのスポーツカーなど、国産クラシックカーを中心に、昭和の名車がズラリと並びます。

人気走り屋アニメ「頭文字D」でもおなじみ『マツダRX-7』。

『スカイライン GTR』は、こんな形をしていたんですね👀

ほかにも、たくさんの名車が並びます。どれも触ったり、乗り込んだりできないのが、子どもにとってはちょっと物足りないようでしたが、展示車両の充実ぶりは素晴らしいです👏 クラシックカーって、どうしてこんなに人を魅了するんでしょうね。

順路通りに進みながら、ちょっと外の空気も吸いたいな~と思っていたときに、ちょうど屋外に出ました。池の鯉にエサやりができたり、ベンチでひと休みできたりします。なんだこのミュージアム、不思議すぎる~

さらにビックリしたのは、こちらの「ミリタリーゾーン」👀 ほぼ実物大の戦車が展示してあり、個人のコレクションとは思えないラインナップです。すごすぎる~

ちょっと小腹も空いてきたころ、到着したのは「チョコレートファクトリー」。チョコレートを作っているところをガラス越しに見られ、出来立てを購入して食べられます。ズラリと並んだチョコを見て、「どれを食べよう?」とワクワクが止まらない様子の息子。

さっそく購入して、近くのベンチでいただきました~。美味しかった😋です👍

出口の近くで、キューピーちゃんの絵付け体験が無料でできます。創作活動が大好きな息子は、もちろん挑戦。

田舎の男の子!?のようなキューピーちゃんが完成しました(笑)

こちらが親子3人それぞれが手掛けたキューピーちゃん。どれもキテレツな感じになりました(笑)が、良い思い出となりました。

まとめ

普段は公園やアスレチックなど、屋外施設に出かけることが多いわが家。屋内施設に出かけてもあまり長居しないのが常ですが、【伊香保おもちゃと人形 自動車博物館】は見どころが盛りだくさんで3時間近く滞在しました。「これなんだろう?」という子どもの知的好奇心をノンストップで刺激する展示方法が、飽きずに見られる秘密なのかもしれません。

展示物が雑多すぎますが、それがとても面白いミュージアムです👍 これだけ個人でコレクションできるなんて、すごすぎますよね👏

基本的には屋内施設なので、天候を左右されないのも魅力。春休みやゴールデンウイークなどに、ぜひ一度ご家族で訪れてみてください。

東京から行くのでしたら、少し前に本ブログでご紹介した【たてヨコオいしい こんにゃくパーク】に立ち寄って行くのがおすすめです。

★★★基本DATA★★★
伊香保おもちゃと人形 自動車博物館

【所在地】群馬県北群馬郡吉岡町上野田2145 水沢観音下
【TEL】0279-55-5020
【開館時間】4/25〜10/31 9:00~18:00
11/1〜4/24  9:00~17:00
※最終入館は閉館45分前まで。
【休館日】年中無休
【全館共通入館料】
大人 1,300円  中学生・高校生900円 幼児(4歳から)・小学生450円
※JAF会員割引あり
【アクセス】
[電車の場合]
JR上越線「渋川駅」よりタクシーで15分

[お車の場合]
関越自動車道「渋川伊香保IC」より約17分
関越自動車道「駒寄スマートIC」より約10分

[バスの場合]
JR「高崎」駅より (水沢)伊香保温泉(案内所)行 群馬バス 〜所要60分〜 上野原下車徒歩すぐ
JR「渋川」駅より (水沢)伊香保温泉(案内所)行 群馬バス 〜所要20分〜 上野原下車徒歩すぐ
【駐車場】あり(無料)
【トイレ】あり
【食事】館内に、軽食を提供するカフェあり

www.ikaho-omocha.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました