G-ENKF8WYZCQ
アクティブ雨の日

春目前の今こそ、アイススケートにGO! 愉快なお助けそりのある【BIGBOX東大和スケートセンター】(東京・東大和市)なら、子どものデビューもスムーズ!!

春本番🌸は、もうすぐそこ。暖かくなり心にも余裕が持てる今だからこそ、去り行く冬を惜しみながら、親子でアイススケートを楽しんでみるのはいかが。今回は、子どものアイススケートデビューにぴったりの【BIGBOX東大和スケートセンター】をご紹介します🎵 屋内施設だから、雨の日のお出かけにもぴったり👍

【BIGBOX東大和】は、西武鉄道拝島線「東大和市駅」を出て、すぐ目の前にある複合アミューズメント施設。カラオケ、インドアテニス、ボウリング、屋内型キッズランド「あそびっぐ」などが入っており、週末は多くの家族連れでにぎわっています。そんな【BIGBOX東大和】の中に入っているのが、今回ご紹介する【BIGBOX東大和スケートセンター】です。

こちらのスケート場は、「一般滑走エリア」「初心者エリア」「アイスキッズエリア」3つのエリアに分けられています。

そして「アイスキッズエリア」では、スケートを履かなくても氷遊びが楽しめるのが大きな魅力です👏 アイスキッズエリアの入場料は、大人300円、子ども(中学生以下)500円。スケート靴のレンタル料がなく、入場料のみだから比較的気軽に遊べます。ヘルメット、膝当て、肘当て、お助けそりは、すべて無料でレンタルOK。手袋だけは、忘れずに持参してくださいね。わが家は、ヘルメットも持ち込みました。

わが家が入場したのは、土曜の12時半ごろ。まだオープン時間から、あまり時間もたっていなかったので、お客さんはまばらでした。

ヘルメット、手袋、肘当て&膝当てをつけたら、いざ「アイスキッズエリア」に入場~✨ 履きなれた靴で氷の上を歩き回り、ひんやり、ツルツルの感触を楽しむ息子。スケートリンクに生まれて初めて立ち入る息子は、とても嬉しそうです👍  写真奥の青い三角コーンの向こうが、「一般滑走エリア」。

しばし氷上の滑り歩きを楽しんだあとは、ペンギン🐧のお助けそりで遊んでみることに。

両側についた持ち手をつかみながら歩けるから、たとえ足がツルッと滑っても、転倒しにくいから安心。そりを履いた🐧くんは、安定感抜群の頼もしい味方です! そして ペンギンにつかまって歩く子どもたちの姿が、とても微笑ましい☺

お助けそりのほかに、お馴染みのそりやスノーチューブも用意されています。ただ、注意したいのは、子ども同士で引っ張って遊ぶことはできますが、大人は氷上に立ち入れないこと💡

大人が引っ張るのなら、こちらの紺のシートの上から、子どを乗せたそりやスノーチューブを力任せに押して…

止まったら紐を引っ張って、子どもを引き寄せる必要があるのです。その繰り返し! 子どもは楽しそうですが、大人は疲れます💦

スノーチューブで遊んでいるうちに、隣りの「初心者エリア」に並んでいる白くまちゃんのお助けそりが気になりました。近くにいるスタッフに尋ねたところ、白くまちゃんは、初心者エリアでしか使用できないそう。初心者エリアに入るには、滑走料+貸靴料を払わなければならないということでした。

すでに「アイスキッズエリア」に入場するのに、大人2人分、子ども1人分のお金を払ってしまっていたわが家。悩みましたが、息子がチャレンジしてみたいと言うので、スケートの滑れるパパが付き添いということで2人分のチケットを追加購入し、アイススケートに挑戦することにしました~。

人生初のスケート靴を履き、初心者エリアに入場~! 念願の白くまちゃんに助けてもらいながら、いざ滑ってみました。

おー、初めてなのに滑れてる👏 白くまちゃんのおかげです👍 やはりスケート靴だと圧倒的に足元は滑りやすいのですが、お助けそりにしっかりつかまっていれば、転倒することはありません。

わりといろんなことに挑戦するのが好きな息子ですが、一度転んだりすると一気にやる気をなくしまうことがあります。でもこれなら派手に転ぶことはないから、その心配もありません。見守る大人も、ハラハラしないので済むのがいいですね。

これで練習して滑り方のコツをつかんで…と思っていたら、いつの間にお客さんが増えて、白くまちゃんは交代制での利用となってしまいました😢

まだスケート靴を履いて十数分たらずでしたが、せっかくなので広々とした一般滑走エリアへ移動することに。まだまだ滑るにはほど遠い息子を、パパが追走・並走しながらサポートします。

何度も転んでいましたが、10周以上は滑りを満喫した息子。怖がらずにアイススケートデビューできたのは、白くまちゃんのおかげかなと思っています☺ 子どもの適応能力ってすごいから、また近いうちに来れば、もう滑れるようになるのかもしれません。息子より小さい子でも、とても上手に滑っていて驚きました👀

実は私、スキーもスケートも滑れず、冬ならではの楽しみがゼロ。だからこそ息子には、どちらか1つでもマスターして、冬をもっと楽しめるようになってくれたら嬉しいなと思っています。

屋内施設の【BIGBOX東大和スケートセンター】では、1年じゅうスケートを楽しむことができます。もちろん冬もシーズン中は混雑しがちです。だからこそ、ちょっと暖かくなった今が狙い目。去り行く冬を惜しみながら、親子でぜひアイススケートを楽しんでみてください。

ちなみに「アイスキッズエリア」は、幼稚園ぐらいのお子さまにはおすすめです。小学生以上で活発なお子さまなら、最初から初心者エリアへの入場がおすすめです。わが家のように、無駄遣い👛のないように気をつけてください☺

★★★基本DATA★★★
BIGBOX東大和スケートセンター

【所在地】東京都東大和市桜が丘1-1330-19(東大和市駅前)
【TEL】042-566-6898(直通)
【お問合せ受付時間】10:00~17:00
【営業時間】日によって異なります。公式ホームページの営業案内をご確認ください。
【料金】
[一般滑走]
大人1,600円 子ども(中学生以下)800円 付添料(入場のみの大人の方)500円
貸靴料金 大人600円 子ども(中学生以下)400円
[アイスキッズエリア]
大人300円 子ども(中学生以下)500円
※「あそびっぐ」利用割引料金(大人は無料、中学生以下の子ども400円)あり
【アクセス】
[電車の場合]
西武拝島線「東大和市駅」から徒歩1分
多摩都市モノレール「玉川上水」乗換え 西武拝島線「東大和市駅」から徒歩1分

[お車の場合]
中央自動車道「国立府中IC」より8.7km
圏央道「入間IC」より15.5km

【駐車場】あり(有料)
【トイレ】あり
【食事】BIGBOX東大和内に、2023年3月16日「ハンバーグ×キャンプ」がコンセプトののレストラン『BURGCAMP』がオープン予定。近隣に「ミスタードーナツ」「松屋」「餃子の満州」などあり。

www.seibu-leisure.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました